• ホーム
  • タダラフィル以外の有効成分もあるスーパータダライズ

タダラフィル以外の有効成分もあるスーパータダライズ

スーパータダライズはタダラフィルに加えてダポキセチンが含まれており、EDと早漏を同時に治すことができます。
インドの製薬会社によって製造・開発されたもので、1錠あたりの価格は約240円です。
タダラフィルは20mg、ダポキセチンは60mg含まれています。
日本国内では未承認とされているので、個人輸入手続が必要です。
主な副作用としては血管拡張に伴う血圧低下や目の充血、顔のほてり、動悸の他に鼻づまりや消化不良などがあります。
副作用はいずれも症状は軽いため、基本的に問題はありません。
スーパータダライズは体への負担が少ない薬です。

スーパータダライズに含まれるタダラフィルは血管を拡張してペニスに流入する血液量を増やします。
持続時間が非常に長いという特徴があり、20mgは30時間から36時間にわたってEDを改善する効果が続きます。
ダポキセチンは脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増やす効果があります。
一方で射精と深いかかわりのあるノルアドレナリンの量を減少させます。
射精を遅らせて早漏を改善することができます。
スーパータダライズを使用すれば、少ないコストでEDと早漏の両方を改善可能です。

ED患者の約25%は早漏の症状も患っているとされます。
スーパータダライズを使用すれば両方を同時に治療できるので効率的です。
使用方法としては、性行為の約1時間前に空腹状態で服用します。
一旦服用したら24時間以上の間隔を空ける必要があります。
スーパータダライズにはタダラフィルが20mgとダポキセチン60mgが含まれていますが、効果が強い場合にはピルカッターで半分に割って服用することもできます。
1回の性行為で服用できる用量の上限はタダラフィルが20mg、ダポキセチンは60mgとされます。

スーパータダライズは正しい使用方法を守れば安全にEDと早漏を改善できます。
用量の上限を超えて服用しても効果が強くなるわけではないので注意が必要です。

スーパータダライズに含まれているダポキセチンとは

ダポキセチンは神経の末端でセロトニンの取り込みを阻止します。
そのため脳内でセロトニンの濃度が高まります。
セロトニンは脳の興奮を抑える役割を果たしますが、濃度が高まることで射精時間が延長されます。
脳内でセロトニンが不足すると、アドレナリンの分泌が過剰になります。
交感神経に過剰なストレスがかかることが、射精時間が短くなる原因です。
セロトニンが増加するとドーパミンやノルアドレナリンの分泌が抑制されます。

ドーパミンが分泌されると脳は快感を感じます。
またストレスへの反応としてノルアドレナリンが分泌されます。
これらの神経伝達物質の分泌を抑制すると、興奮や不安を調整し精神のバランスを取り戻すことができます。
ダポキセチンを摂取すれば、脳の過剰な興奮を抑えて早漏が改善されます。
スーパータダライズにはタダラフィル20mgとダポキセチン60mgが含まれています。
初めて使用する場合には、ピルカッターで割って半分の用量から服用するのが効果的です。
慣れてきたら徐々に用量を増やします。

スーパータダライズは空腹時に服用すると効果が高まります。
服用の2時間前から食事を摂取しないことが推奨されています。
特に脂肪分の多い食事を摂取すると、腸壁に脂肪分が付着して吸収が阻害されるので注意が必要です。
ファーストフードなど脂肪分が多い食事を摂取した場合には、消化するまで待ってから服用します。

ダポキセチンはアルコールと一緒に服用することができません。
アルコールを摂取した場合には間隔を空ける必要があります。
ダポキセチンはセロトニンの濃度を高めますが、アルコールはセロトニンやノルアドレナリンに作用します。
吐き気や動悸、頭痛などの症状が起きることがあるので注意が必要です。