• ホーム
  • シアリスを半分にカットする理由

シアリスを半分にカットする理由

笑顔でスマホを使用する男性

シアリスには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。
一般的な病院では効果が強い10mgと20mgの錠剤を使用してED治療を行います。
もともと欧米人を対象として開発されたED治療薬なので、体格が小柄な日本人には薬効が多少強くなる傾向があります。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは分子構造がブロック状なため、時間をかけてゆっくりと体内で吸収されます。
効果を体感できるようになるまで約3時間ほどかかるのが通常です。

薬効が現れてからの持続時間は用量が多いほど長くなります。
10mgはおよそ20時間から24時間で、20mgはおよそ30時間から36時間薬効が続きます。
持続時間が非常に長いので使い勝手が良いというメリットが存在します。
さらにシアリスは持続時間が長いだけでなく、食事の影響をあまり受けません。
服用前に800kcalまでの食事を摂ることができます。
ただし空腹時に服用した方が効果が高まります。
基本的に性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用します。

シアリスは非常に使い勝手の良いED治療薬なので世界中で人気です。
薬効が現れるまでに3時間ほどかかりますが、体への負担が少ないというメリットもあります。
シアリスにはめまいや頭痛、ほてり、消化不良などの副作用が存在します。
これらは全てシアリスの有効成分であるタダラフィルが血管を拡張し、血流を促進することに起因しています。
しかし症状はいずれも軽微なので、発症しても基本的に問題はありません。
シアリスは薬効の現れ方が緩やかで、副作用を発症しにくいというメリットがあります。

一般的なED治療薬は全て血管を拡張させ、血流を促進する効果が存在します。
シアリスは薬効の現れ方が緩やかで副作用が起こりにくく、体への負担が少ないのが特徴です。
服用して副作用が現れるのは、全体の3割程度に留まります。
効果を体感できるようになるまで3時間ほどかかりますが、その後長時間にわたってペニスを勃起させることができます。

カットした場合、薬効はどうなるのか

日本国内で承認されているシアリスには5mgと10mg、20mgの3種類が存在します。
ただし5mgは効果が弱いのであまり使用されていません。
用量が多い錠剤をカットすれば、用量と薬効を調節することも可能です。
シアリスは基本的に体格が大きな欧米人を対象として開発されたED治療薬です。
日本人には薬効が強過ぎることがあります。
10mgや20mgの錠剤で薬効が強過ぎる場合には、カットして調節するのが一般的です。

20mgのシアリスを半分にカットすると、10mgと同じ効果が期待できます。
半分にカットした場合の効果は5mgの錠剤と同様です。
一般的に5mgは血管の健康を保つ効果のみが見られ、ペニスを勃起させるには不十分とされます。
病院でED治療を行う場合には5mg以外を使用するのが通常です。
費用は10mgが1錠あたり1700円、20mgは1錠あたり1800円とされます。
20mgの錠剤を処方してもらい半分にカットすれば、10mgあたりの価格は900円になります。

病院で20mgのシアリスを処方してもらい薬効が強過ぎる場合には、半分にカットして使用すると経済的です。
10mgを処方してもらう場合と比較して、およそ半額の費用でED治療ができます。
効果の持続時間は10mgの錠剤と同じなので、20時間から24時間です。
20mgならば30時間から36時間にわたってペニスを勃起させることができます。
しかし効果が強過ぎる場合には、半分にカットして調節した方がコストパフォーマンスが優れています。

シアリスの20mgは非常に長い持続時間が特徴です。
一方で10mgの錠剤でも20時間から24時間にわたって効果が持続します。
20mgの錠剤を半分にカットすれば、10mgあたりの費用もほぼ半額になるので経済的です。