• ホーム
  • シアリスのジェネリック、タダリスSXとは

シアリスのジェネリック、タダリスSXとは

黄色のカプセル

タダリスSXはシアリスのジェネリック医薬品で、10mgと20mgの錠剤があります。
インドの製薬会社で製造・販売されていて、主成分はタダラフィルです。
タダリスSXの特長として他のED治療薬より長時間作用することができ、最長36時間と言われています。
タダラフィルは顔のほてりや目の充血・頭痛などの副作用が少ないとされていて、先発医薬品のシアリスとほとんど同じです。

シアリスとは製造方法や場所が異なり、シアリスは世界中で承認されていますが、このタダリスSXはインドでしか承認されていないので十分留意しておきましょう。
タダリスSXはシアリスの錠剤と同じく10mgが24時間~30時間作用することができ、20mgが30時間~36時間作用することが可能です。
基本的に性的興奮や性欲を増やす作用はなく、性的な刺激を受けてから勃起することをサポートする効果があります。
服用しただけでは勃起しないので、昼間でも安心して服用することが可能です。

タダリスSXの先発医薬品シアリスは国内で未承認ではありますがED治療専門クリニックを受診すると処方を受けることができ購入することができますが、タダリスSXは病院ではまだ処方されていません。
現在国内のクリニックではED治療薬としてシルデナフィルを配合した製品になります。
タダリスSXなどのシアリス系ジェネリック医薬品は、インターネットを利用して海外医薬品個人輸入代行サイトを利用する必要があります。
リーズナブルな価格で購入することができるので便利です。

タダリスSXの効果を得るため使用方法として、コップ1杯の水やぬるま湯で飲み、空腹時に飲むことがおすすめです。
薬を水分で溶かすと成分の吸収を促進することができ、胃の中の水分が少ないと成分が溶けづらく吸収が遅れることもあります。
唾液で薬を飲むと食道でひっかかって炎症を起こしたり胃の粘膜を荒らすケースもあり、これは他のED治療薬にも共通しています。
薬を飲む時水やぬるま湯が最も相性が良く、効果を正しく得ることが可能です。
錠剤が大きいと感じたならピルカッターで小さくしたり、大きい20mgを半分に割って服用する方法もあります。

ジェネリック品、タダリスSXだからこその特徴

タダリスSXはシアリスと同じく食事の影響を受けないと言われていますが、やはり空腹時に服用し食事をする前に吸収させた方が効果を発揮することが可能です。
使用方法として最高血中濃度に達する平均3時間も考慮すると、タイミングとしては夕食3時間前が良いとされています。
20mgなら最大36時間効果があり、翌日の夜まで期待することができるでしょう。
他のED治療薬より副作用が少ないのでマイルドに作用し、長時間効き目があるので食事前に服用すると時間や食事などを気にせずに生活することができます。

タダリスSXは血管を拡張し血流を促進することによって勃起を維持する効果があります。
タダリスSXが持続する時間は1錠あたりに配合されている有効成分量によって異なり、10mgと20mgの錠剤があるので、効きはじめる時間を見越して遅くとも性行為1時間前までに服用すると良いでしょう。
尚、頭痛薬や風邪薬などと同じく水と服用し、特にスポーツドリンクや牛乳で服用することはなるべく避けておくことをおすすめします。
1回服用する用量に関わらず1日の限度は1錠です。
服用できるのは20歳以上の成人男性で、服用する前に脂ものが多い食事を摂り過ぎないようにすると、効き目に大きな変化は現れないでしょう。

タダリスSXにはいくつか副作用があり、例えば頭痛や顔の紅潮(赤ら顔)、火照りなどがあげられます。
これらは一時的な症状なのでタダリスSXの効果が消えると同時に副作用も消えていきます。
尚、シアリスと同じように血管を拡張する作用があるので、アルコールといっしょに飲むことは避けておきましょう。
デートの流れでアルコールをどうしても飲む時は少量に留めておくことをおすすめします。